大阪市住之江区で肩こりや腰痛・産後の骨盤矯正にお悩みなら

お問い合わせ・ご予約 06-6827-3090 0120-549-772

熱中症より怖い!?夏血栓とは?


皆様こんにちは、

体調管理などのアドバイスにも力をいれている

大阪市住之江区にあるカラダのミカタの

スタッフの小谷です。

 

 

今たくさんの人が搬送されている「熱中症」。

 

実はこの夏更に注意が必要なのは、

今熱中症よりも怖いとされている「夏血栓」と言われるものです。

命の危険があるとも言われています!

 

今日はそんな「夏血栓」知っていただくために、

ご紹介したいと思います!!

 

 

「血栓」とは?

名前の通り、

夏にできやすい血栓なので夏血栓と言われています。

 

血栓とは血の塊が血管内に詰まる病気を血栓症と言います。

血栓ができる所によって様々な病気を引き起こします。

脳梗塞心筋梗塞が代表的なものです。

 

 

 

 

「夏血栓」とは?

暑い夏はビアガーデンでビールを一杯!

なんて人が今の時期は多いのではないでしょうか?

 

のどを潤すためにアルコールを何杯も飲むと、

アルコールを分解するために身体が水分を求めます。

更に多飲すると利尿作用により体の中の水分が失われ

知らないうちに脱水症状に陥ります。

 

夏場は脱水症状になりやすく、

血管内の血液がドロドロになり血栓が出来てしまうことがあります。

 

 

症状は、

めまい、動機、息切れなど熱中症にとても似ています。

なので血栓が出来ていても適切な処置が遅れてしまうのです。

 

 

とくにデスクワークなど同じ姿勢でいる人は要注意です。

脱水症状と同じ姿勢が長く続くことが原因なエコノミー症候群になりやすく。

太ももの付け根や膝裏が圧迫されて血流が悪くなり、

足の静脈に血栓が出来やすくなってしまうことがあります。

 

なのでなるべく同じ姿勢は取らず、

なるべく動き水分補給も、喉が渇く前に定期的に飲むように心がけてください。

 

 

 

次回は、

熱中症との処置の違いと対策をご紹介致します!

お楽しみに!!

 

「夏血栓」熱中症の処置の違い!対策編!!

カラダのミカタ鍼灸整骨院
大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム1階
午前 10:00〜14:00 午後 16:00〜20:00  定休日 水・日・祝
TEL 0120-549-772

友だち追加

LINE@ 友だち追加特典!
特典1. 24時間LINEで予約ができる
特典2. LINE予約でもお得な割引あります
特典3. お得な情報やレッスン、イベントの情報