大阪市住之江区で肩こりや腰痛・産後の骨盤矯正にお悩みなら

お問い合わせ・ご予約 0120-549-772

脊柱管狭窄症について


皆さん こんにちは

大阪市住之江区鍼灸カラダのミカタ鍼灸整骨院の黒川です!

 

さて、今日は背骨が関係する疾患、「脊柱管狭窄症」について簡単におはなしします!

 

 

狭窄症は部位によって頚部、胸部、腰部と種類があります!

その中でも今回は腰部の狭窄症を説明していきます!

 

 

 

まず狭窄症ってどんな状態になっているの? と疑問を抱いている方もいると思うので

下記にイメージがつきやすいように画像を貼っているので見てください!

 

どんな感じになっているかというと

1.椎間板という骨と骨の間にあるゼリー状の板が膨張している

2.骨自体がずれていたり、出っぱってくる

 

 

96

 

腰部の狭窄症では神経と血管がやられてしますので

神経症状・血流症状の2つの特徴的な問題症状があります!

 

1つ目は神経や血管を圧迫されることにより                      

「間欠性跛行」(かんけつせいはこう)という症状がみられます。

 

 

どんな症状が出るかと言うと

歩いていると足がしびれたり痛みがでたりします。

少し休憩すると回復して、また歩いているとふたたび症状が繰り返しでてくるのが特徴で

いわゆる神経が問題の症状です!

 

 

もう一つが「閉塞性動脈硬化症」と言う症状が見られます。

この症状は下肢・あし先の冷えや下肢の皮膚の色の変化、安静にしているときに痛みがでたりする

などが特徴的です!

 

いわゆる血流が問題の症状です!

 

当院でこうした症状を持たれている患者さんにたいして

狭窄している部分を手技をやっていきなり押しこんで元に戻すということはできないので

その部分の丁寧な説明します。しかしまったくなにもしないわけではないです!

狭窄の持たれている患者さんで多いのが手技で狭窄している部分をなんとかできると思われている方が

多いです、こういった患者さんに向けて施術を行う前に明確な説明を初めにさせていただいています。

 

肝心な手技でなにをするかというところですが狭窄している周りの筋肉、関節をゆるめて

やわらかさを出すことで症状の緩和を計ります!

圧迫しているがために症状がでます、それを少しでも和らげるためにピンポイントで患部だけを

やるのではなく、その周りの筋肉・関節もしっかりやるのを重点的において施術をさせていただいています。

 

ぜひ気になる方は当院、カラダのミカタ鍼灸整骨院へお越しください!

 

 

 

 

そして遅くなりましたが上記の症状に心当たりのあるかたは

「脊柱管狭窄症」のうたがいがあります!

もしきになるなと思う方は一度検査をして詳しく診てもらうようにしましょう!

 

早期に気付いて、予防・緩和のためにストレッチやマッサージなどを取り入れていきましょう!

 

カラダのミカタ鍼灸整骨院
大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム1階
午前 10:00〜14:00 午後 16:00〜20:00  定休日 水・日・祝
TEL 0120-549-772

友だち追加

LINE@ 友だち追加特典!
特典1. 24時間LINEで予約ができる
特典2. LINE予約でもお得な割引あります
特典3. お得な情報やレッスン、イベントの情報