大阪市住之江区で肩こりや腰痛・産後の骨盤矯正にお悩みなら

お問い合わせ・ご予約 0120-549-772

関節の痛み


皆さん こんにちは

大阪市住之江区カラダのミカタ鍼灸整骨院の黒川です。

 

今回は関節痛についてご紹介します!

 

さて皆さん、朝起きたときや長時間同じ姿勢でいたあと、あるいは歩いたあとなどに、膝や肘、指などの関節が動きにくかったり、痛みを感じたことはないでしょうか?

 

とくに寒い時期には、関節の痛みもいっそう感じやすくなります。

こうしたこわばりや腫れ、痛みがあったら、関節に炎症が起きている可能性があります。

 

関節痛(関節炎)は、さまざまな原因から起こります。

その代表的なものが、変形性関節症関節リウマチです。

また最近は、中高年からスポーツを始める人に、過度の運動による障害が増えています。

 

実はこの3つは同じように関節痛を伴いますが、まったく違う病気でそれぞれ対処の仕方も異なります!

そういったことを知らないで、ただ湿布薬などで自己治療をしていると、一時的には痛みが軽くなっても、かえって症状を悪化させかねません。関節にこわばりや腫れ、痛みを感じたら、その原因を知ったうえで、きちんとした予防や治療を行うことが大切です。

 

注意・・・関節痛の原因には、ここに挙げた変形性関節症、関節リウマチ、運動障害のほか、関節に細菌が入って起こる化膿性関節炎および、肩関節周辺の腱などの老化による四十肩・五十肩や尿酸値が高くなる痛風などもあります!

 

 

変形性関節とは?

関節痛の原因で、一番多いのが関節の老化ともいえる変形性関節症です。
私たちの関節は、軟骨がクッションとなってスムーズに動くようにできています。
その軟骨が加齢とともにもろくなり、欠けたりすり減ったりして、周囲に炎症を起こします!!
変形性関節症がもっとも起こりやすいのは、膝です。膝は、立っているだけで全体重のほとんどを支えています。
座ったり立ち上がったりするときにも、大きな力が加わります。さらに加齢によって足の筋肉が衰えると、膝への負担がいっそう大きくなるため、膝痛を起こす人が多いのです。
 
変形性関節症の痛みは、初期には湿布薬などを貼ると治まってしまいます。
ところが関節の軟骨は欠けたり、すり減ったりすると元に戻らないため、症状は少しずつ悪化していきます!
 
やがて立ったり座ったりの動作がしにくくなり、少し歩くと痛むような状態になります。
そうするとだんだん歩かなくなるため筋肉がさらに衰え、症状も進むという悪循環におちいりやすいのです。
 
 
そのため関節に違和感をおぼえたら、早めに予防をするか、痛みがある場合には受診することが大切です!

カラダのミカタ鍼灸整骨院
大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム1階
午前 10:00〜14:00 午後 16:00〜20:00  定休日 水・日・祝
TEL 0120-549-772

友だち追加

LINE@ 友だち追加特典!
特典1. 24時間LINEで予約ができる
特典2. LINE予約でもお得な割引あります
特典3. お得な情報やレッスン、イベントの情報